酋長、かんでも採り・歩・記2

虫採り、寺社巡りとご朱印集め、グルメ、旅行記などなど、何でもかんでも書き綴ります。

2020年06月

6月3日、
以前にギョーザで訪れた橋本市にイボタが結構あったので、
ひょっとしてウラゴマが生息しているかも、、、

まあ、行ってみないとアカんでしょう。

春先とは違って、ブッシュがきつくなり、
道が判らないほど。
ノイバラもずいぶん伸びてネットやらズボンやら引っ掛けてくれます。

一番閉口したのが、目マトイ。
自爆波状攻撃で次から次と目の中へ飛び込んできます。 
いや〜参りました。

P6030004
▲ブッシュで道が判りません

P6030001
▲いいイボタで花満開

しかし、いません。
ここにはいないのかも。

午後からは大阪府岬町の畑へ転戦です。
今シーズンはまだ訪れていませんでした。

P6030007
▲こんなポイントで

1♀ゲット。

夕方からZoomの会議があるので早めに帰宅。

P6030009
 ▲産卵装置の♀

イボタの花の蜜を美味しそうに吸っています。

串本町の最後の♀が2週間生きて87卵産卵しました。
長生きの割にはちょっと少ないです。
荒船海岸の♀は10日間で115卵産んでくれました。
こちらは優秀です。
 

5月27日、
リベンジに再度泉南方面に出かけてきました。
まず、和歌山市西庄 で2♀、
 
P5270001
▲西庄のポイント

今年は西庄と相性がいいようです。

岬町多奈川不動谷で2♀。
岬町多奈川西畑で1♀。
岬町多奈川甲山の麓で1♀。
岬町多奈川東畑で1♀。 

この日は大漁でした。
どういう条件の違いなのでしょうか。

♀はもちろん嬉しいですが、

和歌山市西庄、岬町多奈川不動谷、岬町多奈川東畑で
黒い四国タイプの♂が採れました。
これは非常に嬉しいことです。

黒い四国タイプは思った通り和歌山市まで進出してました。

 

↑このページのトップヘ