酋長、かんでも採り・歩・記2

虫採り、寺社巡りとご朱印集め、グルメ、旅行記などなど、何でもかんでも書き綴ります。

8月13日〜15日、山口へ鮎を食べに行ってきました。
お盆で渋滞するとイヤなので、
12日の夜に走りました。
この年になると体力的にはちょっと辛いですね。

朝、山口に到着して、食料など調達して、
長門峡に向かいます。

竜宮淵から歩いて約40分、鈴ケ茶屋に到着です。
今年も健在でした。
P8140002
▲鈴ケ茶屋
P8140001
▲川床で風がよく通ります
P8140003
▲鮎、、、たまりません

鮎の背越し定食。
これをいただかないと夏が来た感じがしません。
ここ鈴ケ茶屋の鮎は絶品です。
秘伝のタレで焼いているとか。

ルーミスは疲れてやる気なしでヌル。

本日の宿、阿武川温泉キャンプ場へ向かいます。
日陰のよい場所 はすでに先客あり。
テントを張って温泉に行きます。
ここのキャンプ場は400円という安さ。

DSC_2381
▲今夜はバーベキュー

翌日は頑張ってルーミスをゲット。

午後から次のキャンプ場、田万川温泉へ。
温泉がクローズ中で料金は半額の500円。
温泉に入りたいので、最も近い島根県益田市まで走りました。

益田市の多田温泉。
とてもいい湯でした。

DSC_2393
▲多田温泉

キャンプ場はとても広いところでした。

DSC_2399
▲見渡す限り
DSC_2394
▲テント設営して
DSC_2397
▲阿武川温泉で仕入れた鮎

ビールが進みます。

DSC_2401
▲今夜はもつ鍋
DSC_2384
▲焚き火は必須

満天の星空で天の川がくっきりと見えました。

最終日は津和野を経由して帰阪です。

津和野の太鼓谷稲荷神社へ寄って、
「山本風味堂」で源氏巻を買います。
ここの源氏巻はホント美味しいです。
高速のSAで売っている源氏巻を食べてマズいなあと思っていたのですが、
実は源氏巻はこんなに美味しかったのかと見直しました。

DSC_2410
▲太皷谷稲成神社

DSC_2411
▲山本風味堂

中国道の六日市へ向かいます。
目指すは六日市温泉ゆらら。
高速に乗る前に温泉に浸かってリラックス。

DSC_2415
▲ここです

中国道をのんびり走って帰ってきました。
山口へ行ったけど、実家は素通り。
ごめんなさい。また行きます。

 

8月9日、大江山へ行ってみました。
目的はアカエゾゼミでしたが、、、

鍋塚の駐車場まで車で登ります。
P8090055
▲鍋塚の駐車場

ここから鳩ヶ峰まで600m。
千丈ヶ嶽へはいったん下ってまた登らなくてなりません。
ヘルニア気味で腰の調子がイマイチなのでパス。

P8090051
▲鳩ヶ峰

鳩ヶ峰は低い潅木と松。
ブナ林は千丈ヶ嶽の方なので、アカエゾには遭遇できませんでした。
鳩ヶ峰で鳴いていたのはおそらくエゾゼミ。
残念ながら鳴き声だけに終わりました。

 P8090053
▲記念撮影

午後から宮津へ行ってみます。
宮津港は釣り客で賑わってました。
竿を出してみましたが、ハオコゼがかかったのみ。

P8090060
▲宮津港

日が暮れてから、由良川でテナガエビをすくって帰りました。
P8100070
 ▲テナガエビ

素揚げにしてビールのつまみに。
これは超美味です。

DSC_2368
▲ビールにぴったり

帰りの京都縦貫は夜の10時すぎというのに随分渋滞してました。
 

7月23・24日と鳥取へ行ってきました。
この日からGoToが始まりますが、
以前から予約してました。
単に温泉で1泊だけのツアーです。

湖山池 を望む宿に泊まりましたが、
漁業会社が経営する宿で 、新鮮さとボリュームがウリのはずでしたが、
お刺身は解凍でイマ三つ、煮魚も大味で大ハズレでした。

翌日は砂の美術館へ。
あまり期待してませんでしたが、ここはよかったです。

 P7240023 (2)P7240024 (2)
P7240029
P7240032 (2)
P7240035
P7240042
▲砂の美術館

天気もイマイチでしたので、さっさと帰ってきました。
GoToの対象ですが、いまだに返金方法は未定です。 

↑このページのトップヘ